安来ナイフショウ

今更ながらですが、連休中に開催された島根県安来市の「刃物まつり」と「アウトドアナイフショウ」へ行ってきましたので、その時の模様などを・・・
と思っていたら、会場の様子や、そのほかのイヴェント会場とかの写真を全然撮ってないことに後から気付きまして…orz
まぁここんところ毎年行っているので、もう会場の様子とかどーでもいいですよね、と言う気持ちもあったのかなぁ〜と。実際行くとしてもナイフショウをメインの目的にして行くにはちょっと寂しすぎるかな・・・
安来は鋼の産地ではありますが、刃物の一大産地、と言うワケではないので、刃物まつりというフレーズはちょっと馴染めなかったり・・・しかし三木や新潟など他の刃物産地の協力もあって露店の販売ブースは賑わっており、行楽日和と相まって人出もまずまず。周辺の渋滞も他地域ほど深刻なものではないだけに行きやすく・・・ナイフショウに目的のナイフメイカーさんが居れば、充実したイヴェントと言えるのではないかと思うわけですね。
と言うコトで!
やはり会場で注目を集めていたのはコトーさんのナイフ。
急遽ショウのために製作したモノもほとんど売れてしまい、これは今日の話になりますが、次回の製作分も既に取り掛かっており、もうすぐブレイドが熱処理に出せる段階なのだそうです。
まぁそうなると省力化、効率化に長けたコトーさんのナイフ。
あとはそれぞれにハンドルを組み合わせ、一気に仕上げに取りかかれることでしょう。
で!!
安来ナイフショウの楽しみと言えば・・・
夜にどこからともなくナイフメイカーさん達が集まり、いつからともなく始まる宴。
その中心にいるのがコトーさん。


言うまでも無くお酒の絶品アテを作ってくれるから。

吉川さんに後藤さん、そして宮前さん。
皆さん、見てるだけ・・・

配給を待つ人々・・・
皆さんやはり見てるだけ・・・
見てると言うより、コトーさんの手際の良さにただただ圧倒されているという感じ。
こうして安来ナイフショウの夜は更けてゆく・・・

カテゴリー 催しモノ , 店長のひきこもり部屋

コメントは受け付けていません。