ベルト通しパーツ取り付け

キクナイフにはシッカリとしたカイデックスシースが標準的に付属しております。

ナイフのサイズ=シースの大きさと仕様、にもよりますが殆どのナイフには「ドットロック」と呼んでいるベルト通しパーツが付属します。

これは必ずこれを使用してください、と言うものではなくて、あくまでも使い方の一例としての提案であります。

使い慣れた方には、カチッと固定するこの装着方法ではなく、ヒモやタイラップなどを駆使してウエストバッグやベルトなどに装着される方もおられます。

あくまでもコレという固定概念はなしで、自由に想像力を働かせてフィールドでの使用を楽しんでいただければと思います。

とは言え、実際に使ってみないとそれぞれのシーンが想定できないと思いますので、まずはこのパーツを使っての携行をオススメいたします!

で、このドットロック・・・まずその機能性について改めて・・・
(クリックして過去に掲載したページをご覧ください)

さて、このパーツの開き方、ロックの仕方がわかったところで!

ちょいちょい聞かれるのがこの取り付け方(・∀・)b

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まぁネジ類が二組入っていますので、これをご覧になればある程度の想像が付きそうなものですが、ちょっと迷うのがゴムのリング状パーツ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これがどこに入るかがわかれば簡単です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはドットロック本体を開いた中に、受け皿となるパーツを装着して・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反対側にこのゴムリングを差し込みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとはカイデックスシース側からネジ止めして完成です。

受け皿パーツを指の腹で抑えてやると確実にねじ込めます。もしここがくるくる回るようでしたら、受け皿の溝に合わせてマイナスドライバー(幅広が必要)を当ててみてください。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あれば便利なベルト通しパーツ!

ちなみに取り付ける向きを変えることで、縦横変えたり、左利き用にもなります!!

いろいろ考えて楽しみながら取り付けてくださいねヽ(´ー`)ノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山下刃物販売サイト「菊さんのナイフ掲載ページ」
松田菊男 作 > ユーティリティー

カテゴリー キクさんのナイフ , 店長のひきこもり部屋

コメントは受け付けていません。