デスクナイフというテイで

よく聞かれるのが、「これは何用のナイフですか?」と言う質問です。

刃がついて切れれば、いわゆる道具としての刃物であるので、何に使ってもらっても良いんですけどね・・・

しかし素材からすれば、炭素鋼を使用してますから、使用状況によっちゃぁ・・・例えばこれで魚の腹を捌いたりすると、切れるのは切れるけど後の手入れがメンドクサイ。

ウッドクラフト的な使用ならそれほど後始末は煩わしくないですね。

専用の台座・・・つまり鞘的なものを添えない代わりに、ナイフ収納の方法として台座が作られています。一応「デスクナイフ」的な仕様に仕上げられてますから、やはり書斎の机の上にオブジェも兼ねたナイフとして、飾りながら楽しむモノ、と言う方向になるんでしょうかね・・・

まぁ特に何用、って括ってしまうのではなく、素材や作りからすればこれはこういう使い方に集約される、という風にお考えいただければと。

日常生活を送っていると、ちょっとした刃物があれば便利!ってな時、よくありますよね。

刃物好きとしては、そんな時にカッターナイフでは味気ないし・・・

そういう時に身近に刃物があれば便利です。

置く場所が決まっていれば尚の事、サッと取り出して使えますし・・・

とは言え・・・

このナイフ、かなりコダワリの作りなので、お値段もソレなりですしなによりもダマスカス作品という点で、これに興味をもつ方の層がぐっと狭まると思うのです。

なので使い方がどうこうと言うよりは、これを見てビビッと来るかどうか・・・と言うことになってくるんですかね〜(*´ω`*)

今回のものは特に仕上がりも良くなってきて、いよいよ身近にムダマスカス(いろんなものを無駄にダマスカスに置き換えるという贅沢さ)な展開になってきました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

専用の台座にピッタリ収まります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

角度を変えてみるとこんな感じ。このフィット感が増してますね〜!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台座はこんな感じ。こういったナイフ以外の作りもショウちゃんの感性が発揮されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナイフ本体の凹みに引っ掛けるんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナイフを掛けても台座が倒れないようにそこには鉄板が張り合わせられてまして・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょっとしたことですけどこういった部分も飾り要素があって楽しいですね!

カテゴリー 店長のひきこもり部屋 , 橋本庄市作品

コメントは受け付けていません。