シースの抜き差し

先日の関刃物まつり「アウトドアズナイフショー」にて、多くのお客様とお会いし、いろいろお話もさせていただきました。

ナイフショー会場のキクナイフブースにて、あるいはキクナイフ新工房のショウルームにて、実際にナイフを手に取りつつ、ナイフにまつわるいろいろなお話もさせていただきました。

その時に、皆様がシースからナイフを引き出す動作を見ていて・・・

「あっ!ちょっと待ったぁ〜!!」と制してしまったことが何度かありました。

それらの方はナイフ抜くときに・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じでシースとハンドルを握り、ぐっと力任せに引き抜こうとしていました。

中にはこんな見ていてヒヤヒヤする握り方の方も(@_@;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キクナイフの切れ味を知っていたらこれはもう恐怖でしかないです・・・

ナイフのハンドルとシースをぐっと握って左右に開こつとすると、必ず反動で抜いたあとに手は戻ろうとします。
そのときにナイフの先端でシースを握っている手を突き刺してしまうのです。

アメリカのナイフショーでも目の前で何度か目撃してしまいました(;´Д`)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キクナイフのシースはこの画像にあるように、ナイフの背中側に親指をあてる部分があります。

ここを親指でグッと押してやって、カチッと収まっているのをまず抜いてやります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それからゆっくりシースを外してください。

シースの素材はカイダックという高耐衝撃性樹脂を使用しています。カイデックスは商標名ですので、使用を控えてカイダックと呼んでいますが、要は同じものです。
熱を加えることで整形が可能。割れたりすることなくとても靭性があり、鋭いエッヂのナイフが中に収まっていても安心・安全です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熱成形の際にハンドルの凹凸に合わせて、収めたときのロックとなる部分を成形します。

取り出すときにはこの凹凸によってできたロックを外してやれば良いのです。

シースの製作にもとて技術と経験が必要で、いまシースの製作を担当しているのがキクさんのお孫さん。
若いだけに技術の吸収も早く、様々な点を改良しシンプルで安全性の高いシースを作ってくれています。

シンプルとは・・・カイダックの素材自体に靭性があり、力を加えて開いても成形した形に戻ろうとする力があるため、収めたナイフをしっかりキープし、かつ必要なときにはすっと抜くことが出来ます。
ループやホックを必要としなくてもしっかり保持できるので、抜き差しが容易で便利というわけなのです。

それだけに抜き差しの持ち方にはご注意を(/・ω・)/

ちなみに・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シースに収めるときは刃の背中側をシースに沿わすようにして収める感じで・・・

そうすることでより刃を傷めずに済みます!

カテゴリー キクさんのナイフ , 店長のひきこもり部屋

コメントは受け付けていません。